夏物選びに困っているオータムさんへ

こんにちは。

パーソナルカラリスト/美容師のmikaです。

まだ5月。まだ梅雨入り前だというのに急に真夏のような気候に身体がついてきませんね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回はパーソナルカラー、ディープオータムをクローズアップしますよ。

 

渋色が得意なオータムさん、夏はどんな色を選べばいいの?

秋冬に得意カラーを発揮するオータムさん、春夏の軽やかで爽やかな色がたくさんそろう時期は悩んでいませんか?

渋みのあるこっくりしたカラーは夏には重く、暑苦しく感じてしまいますよね。

でもご安心を。

しっかり解決できちゃうんですよ。

 

まずはディープオータムの特徴をおさらいです。

イエローアンダートーン。

色の特徴として、秋の紅葉の紅や黄色、森の緑、土の茶色など自然界にあふれるまさにアースカラーで、落ち着いた深みのある色合いが得意です。イエローやゴールドを含んだようなオレンジ、グリーン、ブラウン系。

グレー、ブルー、ピンクのバリエーションは少ないです。

・肌は陶器のようで、血の色が透けません。マットな質感。

・肌色は明るい人から暗めな人までいろいろ。

・瞳の色はダークブラウンやブラックに近いブラウンと落ち着きのある印象。

・髪色はダークブラウン、黄みを感じるダークブラウン。

非常に大人っぽく落ち着いた雰囲気を持っているため、先述した深みのあるアースカラーが似合います。

 

さて本題です。

これらディープオータムの特徴をおさらいすると、やはり夏は身を潜めているべきか・・・?と思ってしまいそうですが

ご安心を。(2回目)

とっておきアイテムはベイカーパンツ、カーゴパンツです。(もしくはそれテイストのスカート)

もはや定番アイテムなので一本持っていると非常に便利ですよ。

ミリタリーアイテムのような渋みオリーブグリーン、ブラウンはオータムさんの大得意。どストライクです!

白のTシャツと合わせるだけでもうOKです!

注意したいのはTシャツは真っ白ではなくてオイスターホワイトのようにややベージュを感じるものにしてくださいね。

トップスとボトムスを選ぶのは面倒というズボラさんは軽い生地のワンピースなら重くなりませんよ。

 

そして昨年から続いて人気のブラウンなら、夏はもちろん晩夏から初秋にかけても活躍させることができます。

ダークチョコレートや赤みが強いテラコッタもおすすめです。エスニック柄も得意です。

ターコイズも似合いますよ。アクセサリーなど差し色に持ってこいです。

アクセサリーは渋くあまりキラッと光らないゴールドや、石、木、革など自然を感じる素材が似合います。

 

大人っぽく知的な印象のオータムさんも渋色だけでなく、軽快なカラーがうらやましく思ったり、身に着けたくなる時もありますよね?

そんなオータムさんには

不得意とするカラーはボトムスや小物など顔色に直接影響のない部分に取り入れるか、色の面積を小さくしてください。顔周りを避けることがコツです。

そして夏をより爽やかにするために、靴やサンダル、バッグを白やヌメ革などホワイトや明るいベージュにすることがポイントです。

 

もう夏物選びに困りませんね。安心しましたか?

「似合う」カラーを把握して、「似合わない」カラーの攻略ができればもうバッチリです!

オータムさん、他のシーズンカラーの方たちもこれから来る夏を思い切り楽しみましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください