「パーソナルカラー」 男性にももっと気にして欲しい!

こんにちは。

パーソナルカラリスト/美容師のmikaです。

個人的に好きな旅行ブログも完結したもののまだ余韻に浸ったまま生活しております今日この頃ですが

気が付けば10月・・・。季節も変わりますので本業に切り替えます!

参りましょう。

 

「パーソナルカラー」ってなんだっけ?

基本に戻って思い出してみましょう。

 

パーソナルカラーとは、その人の魅力を最大限に引き出す「自分色」のことです。

「自分色」は「似合う色」であり、似合った色を身に着けていると顔の表情や全体の雰囲気が健康的で若々しい印象を与えます。

 

その人の生まれ持った「髪、肌、頬、瞳、唇」の色を見極め、

ブルーアンダートーン(ブルーベース)イエローアンダートーン(イエローベース)に分けます。

更に四季になぞらえた春(スプリング)夏(サマー)秋(オータム)冬(ウィンター)のどのタイプか絞ります。

それによって「似合う色」がわかります。

 

ざっくりですが簡単に言うとそうなのです。汗

それぞれのシーズンのカラーの特徴を説明してる記事がありますのでよろしかったら覗いてみて下さいね。

 

「パーソナルカラー」 男性にも気にして欲しい! 何故なら大事だから!

昔ばなしですが、私がパーソナルカラーを学び始めて3級、2級の検定を受けるときは少ないものの男性の受験者もまあまあいました。

・・・が、

1級、それ以降の専門的な検定指導員、色彩診断士、認定講師などを受講する頃にはただでさえ総人数が10人くらいと少ないところに

私の受講クラスにはいませんでしたが、男性の受講者は1人。

 

そもそもカラフルな色のカラーカードやカラードレープなる布を使う作業は女性向きの印象があるのでしょうか?

まあとにかく男性が少ないので、一般の男性はよほどカラーに関して興味がないということなのでしょうか?

疑問でした。

そりゃ女性と違いはあるでしょうけど、男性だってファッション好きな方いますよね?

スニーカーが好きで集めてる男性いますよね?スーツ好きや、革靴好きや。メガネ好きの方も。

全部ひっくるめてファッションですが、自分に似合う似合わないはどのように判断しているのでしょうか?

 

・・・うーん。謎です。

かなり限定されますが男性のアパレル店員さん、メガネ屋さん、帽子屋さん、そして美容師さん・・・、

もはや性別の問題ではないですが・・・、どういう判断でお客様におすすめやアドバイスをされているのでしょうか?

ホントに疑問符多めですが、疑問です。

個人的な憶測ですがきっとあくまで感覚だけでは?

 

そしてあまりファッションに興味がなく、ファッション誌などに縁のない方たち・・・。

どうやって選んでいるのでしょうか?

似合う似合わないの判断はどのようにされているのでしょうか?

 

体型に合ったサイズ、TPOに合った服装はもちろんですが、

まずは自分に「似合う色」を理解するところから入りませんか?

「似合う色」がわかると服選びのストレスから少し開放されますよ。

 

「仕事用のシャツ、ネクタイ、スーツを自分で選べない。」

「今までスーツだったのに私服化して仕事に相応しい私服がわからない。」

「デートや婚活、何を着ればいいのかわからない。」

「好きな服を買ったけど合わせられない。合わせ方がわからない。」

「そもそも無頓着で出かける用の服を持ってないし、何を着ればいいのかわからない。」

「服を買いに行く服が無い。」

なんとなく挙げましたがこんな悩みをお持ちの男性、いらっしゃるのでは・・・?

 

「似合う色」がわかるとメリットがたくさんあります!

● 健康的、若々しく見える。

● 目力がアップ、瞳がイキイキする。

● シミ、シワが目立たなくなる。

● ヒゲの青さが目立たなくなる。

● 肌荒れ、ニキビが目立たなくなる。

● あごのラインがスッキリ見える。

どうでしょうか?良いこと尽くしですよ。

 

これらのメリットはビジネスシーンからプライベートシーンと様々なシチュエーションで役立ちます。

ビジネスシーンなら、上司から信頼を得、同僚や後輩からは頼られ、話しかけられやすくなります。

顧客には誠意、誠実さを感じてもらえます。

プライベートシーンなら、友達やパートナー、家族と楽しい時間を過ごせます。

会う機会の多い人はもちろんですが、

何より初対面の人と会う時に爆発的に有効な影響を与えます。

良い第一印象を与えることが出来るのです!

 

他の記事でも幾度となく「人は見た目が9割です。」と申してきました。

人は無意識のうちに初対面の人をほとんど視覚からの情報で判断しています。

もちろん人は外見だけではありません。内面が重要です。

ですが、初対面の人の場合、性格など内面はまったく見えませんよね?付き合いの回数が増えることで徐々に内面を知りうるのです。

もしかしたら一回きりで次に会う機会が無いかもしれません。

そんな時は相手に良い第一印象を与えたいものです。

 

「仕事がしっかりできるのならそれでいい!」

・・・と言う男性、結構多そうですね。個人的偏見ですが。汗

でもですね・・・、「仕事ができる」の前にまず必ず「仕事を得る」ですよね?

仕事を得るには何が必要かというとまずは

「話しかけやすいか?」「頼れそうか?」です。

初対面の場合ほぼこれでしょう。

 

例えばあなたが営業で初対面の方と会うとしたら、

「怖そうな人じゃありませんように・・・。」とか「優しそうな人だといいなぁ。」とか、

逆に「信用してもらえるかな・・・。」とか「怪しげに思われないかな・・・。」とか、思いませんか?

そんな心の中で不安に思っている事をちょっとでも解消するために

「似合う色」を身に着け、相手に良い印象を与えるということが大事です!

 

もちろん仕事の場面だけでなく、例えばお付き合いしている人の親御さんに初めて会うとか、

婚活イベントに参加するとか、ママ友やパパ友との集まりに参加するとか、

とにかく様々なシチュエーションで好印象を与えることが重要です。

自分が他人を無意識に外見で判断している脳内の働きは、当然他人も無意識に脳内で起こっています。

どうか無意識に判断されている事実を知って、理解し、自分に損の無い演出を心がけてほしいです!

「人は見た目が9割」ですよ。

 

 

「男性の為のパーソナルカラー」

これから少しづつ案内をしてまいりますのでお楽しみに~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください