横浜散歩。伊勢佐木町で知る人ぞ知る『リトルタイランド』へプチトリップ。

こんにちは。

パーソナルカラリスト/美容師のMIKAです。

早いもので12月に突入しましたね。

世間のコロナの状況もかんばしくなく

仕事以外の外出はちょっと前よりしづらくなってしまいましたね。

医療従事者の方々のご苦労がとても有り難くもあり、心配でもあります。

頑張っていると重々承知ではありますが頑張って下さい!

我々はとにかく健康を維持し続けることが大事ですね。

 

さて、

今回は去る10月のお出かけ記録です。

近場のタイまでちょっくらお散歩です。

横浜で異国文化を感じることは容易であり

石川町駅や元町・中華街駅からほど近い 横浜中華街。

または山下公園界隈の ホテルニューグランドや、

それぞれクイーン、キング、ジャックという愛称の

横浜三塔と呼ばれる横浜税関、神奈川県庁本庁舎、開港記念会館。

山手の西洋館。

・・・

結構簡単にあげられます。

ですがどこも超が付くほど有名なところなので、

いくらコロナ禍で観光客が減少したと言ってもまあ混んでいます。

どこか面白そうなところないかなあと色々調べた末・・・

「そうだ、タイへ行こう。」と。

どこかで聞いたことがあるフレーズですが無視して下さい。汗

 

横浜は伊勢佐木町から『リトルタイランド』へ。

JR京浜東北線で関内駅で下車し、

伊勢佐木町商店街からスタートします。

イセザキモールですね。

長い商店街は賑やかで地元の人たちが主に利用しているであろう

チェーンの飲食店やドラッグストア、スーパーはもちろん

結構年季を感じる個人商店とずーっと続きます。

ここまではどこにでもある商店街の風景ではありますが、

とにかくまっすぐにずーーーっと行きます。

 

「伊勢佐木町ブルース」の歌碑。

イセザキモール商店街をずーーーっと進むと左手側にあります。

下の赤いボタンを押すと青江三奈が歌ってくれます。

せっかく来たのだから聴きましたよ。

今はこんなカッコいいハスキーボイスの女性歌手はいないんじゃないかな?

 

手描き看板?手描き風看板?

趣があって良いです。

 

え?

リトルタイランドはどうしたかって?

ご安心を。

この伊勢佐木町ブルースの歌碑が目印なんです。

進行方向から向かって左側に歌碑、右側の道を曲がって・・・、

 

タイの食材を買うなら『THAI SUPER タイスーパー』!

はい、ドーン。

道を曲がってすぐに

『THAI SUPER タイスーパー』さん。

佇まいがもう紛れもなくタイです。

 

ショーケースの中には日本では馴染みのないお菓子やココナッツジュースが。

上のバナナも飾りではなくちゃんと売り物。

 

もう入口からタイ丸出しでテンション上がります!

カオニャオというモチ米のごはんを入れるかごのティップカオも店頭で売られています。

幾つか所有しているんですがね、ついつい購入しちゃいました。汗

 

ようやく店内へ。

日本の輸入食材のお店でもお目にかかれない缶詰や調味料がズラリ。

 

店員さんもお客さんもタイ人なので手描きの値札も全てタイ語。

全然読めません。汗

店内はタイ語だけが飛び交っているので本当にタイに居るかのよう。

 

簡単調理用のシーズニングやソースも豊富。

 

最近では日本の輸入食材店でも見かけるようになったインスタント麺「マーマー」も。

 

箱萌え。

ほすい・・・。

 

このお菓子、名前は知らないですが

お店のマダムが試食に1個くれました~。

1個100円だよ。マダム太っ腹だなあ。

あ、ちなみにマダムは日本語出来ます。

 

写真撮り忘れましたが生鮮食品も売っております。

たぶん近所のタイ料理屋さんや住んでるタイの方たちが買いに来られるのではないでしょうか?

たまに我々のような日本人のお客さんも見受けられましたが

本格的なタイ料理を作る方にはもってこいのスーパーだと思います。

もしくは私のようにパッケージ好きな方にもオススメですよ。

 

 

『J’s STORE ジェイズストア』でタイ料理を食す!

先ほどの『THAI SUPER』さんを出て同じ通りの数軒先のお店へ。

せっかく来たのだからタイ料理をちょっと食べたいなあと・・・。

 

住所としては若葉町なのですが、

実はこの界隈「リトルタイランド」と呼ばれるほど

タイ料理レストランやマッサージ店がとにかくあちこちにあります。

 

そして

はい、コチラ。

『J’s STOER ジェイズストア』さんです。

普通のマンションの一階にこのようなお店が!

人気店なんでしょか? Uber Eats(ウーバーイーツ )の配達人が何人も出入りしていました。

入ってみましょう。

 

冷蔵庫のドリンクはセルフで出します。

グラスも重ねてある山からセルフで持ってきます。

あ~、タイだ~。

 

エビの辛いソムタム的な?

冷製のおつまみサラダ的な?

伝わりづらいですね。汗

料理名わかりません・・・。すみません。

辛っっっいですが旨味もあり、シャキシャキ食感と共にエビのプリっと感が良いです。

 

この日は夕食の予定があったため後ろ髪を引かれつつ、この一品とビールを一本で済ませました。

後日このお店の2号店でしっかりと頂きます。

2号店もめちゃ近所です。

こちらのお店、元々はタイの食材屋さんだったところ

お客さんからのリクエストで料理をふるまうようになったらしいです。

もちろん店員さんは全員タイの方です。

棚には瓶詰め缶詰などタイの商品も売っております。

 

決して広くはない店内で席数も少なめですが、

お客さんが入れ替わり立ち代わりでとても繁盛してるように伺えました。

なので店内写真を撮るのは割愛。

 

 

後日『J’s Cafe & Restaurant ジェイズカフェ&レストラン』へ。

『J’s STOER ジェイズストア』の2号店である

『J’s Cafe & Restaurant ジェイズカフェ&レストラン』へ。

今度はしっかりとタイ料理を味わう為にリトルタイランド再訪です。

 

豚トロの炒め物かな?

相変わらず料理名覚えず・・・。汗

辛うまです!

 

揚げ春巻き。

3本だけと思うなかれ。ボリュームあります!

具もギッシリで独特の香辛料の香りが鼻に抜けます。

 

エビのすり身揚げ。

シンプルメニューではありますが

エビのすり身が粗目で食感が良いです。

スイートチリソースがまた良いアシストをします。

これらの料理、ビールにめちゃくちゃ合いました!

 

知る人ぞ知る伊勢佐木町の「リトルタイランド」と

お店をちょこっと紹介してみました。

観光地というエリアでも無いので比較的密を避けられるし

ふらりとお散歩にちょうど良いかと。

コロナ禍でGOもTOも行かない昨今ですが

近場でタイを感じたくなったら是非「リトルタイランド」オススメします。

 

交通機関としては

・京浜東北線 関内駅

・京浜急行電鉄 日ノ出町駅

・横浜市営地下鉄ブルーライン 伊勢佐木長者町駅

これらの駅から行くのが便利だと思います。

日本に居ながらプチトリップはいかがでしょうか?

 

今回はこれにて終了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください