「ダサい」ってどういうこと?

こんにちは。

パーソナルカラリスト/美容師のMIKAです。

 

皆さん不要不急の外出自粛してますか?

現在も通勤をされている方、お疲れ様です!

休めない仕事の方々のおかげで今日も在宅組の私は健康を維持することができています。本当にありがとうございます!

お体ご自愛下さい。

 

気軽に外出できない分健康に気を使った食事を意識したり、

自宅でyoutube動画による講習を受けたり、

マスクカバーなる物を手作りしたり、

なにげに今のほうが以前より精力的に活動できています。外出できなくてもやれることはたくさんありますね~。

今は非生産的な事ですが自粛明けにはしっかり糧となって役立つと思っています。

 

 

さあ今回も私の持論を展開することにいたします。

異論反論あると思いますがやりますよ~。

 

 

そもそも「ダサい」の意味は?

Wikipedia によりますと、

「恰好悪い」「野暮ったい」「垢ぬけない」などの意味を持つ俗語で、1970年代後半に若者語として定着したとされています。

更に詳しい情報が知りたくなった方はどうぞ Wikipedia をご覧ください。

いきなりウィキに丸投げでごめんなさい。汗

 

かく言う私も1974年生まれなので、小学生の頃には「ダサい」という言葉は既に普通に使われていました。

昔も今も、「ダサい」って言葉は服装などファッションの装いの見た目に関する使われ方が多いです。

と言うかほぼそれです。

今は装いなど見た目以外に、思想などの物言いに対しても使われていますね。

「そういう考え方ってダサくない?」って感じで。

簡単に言うと「ダサい」とは見た目に関しても思想に関しても「カッコ悪っ」ってことです。

ここ数年では「ダサい」の類義語的に「イタい」も使われますね。

 

 

「ダサい」って感じるポイント

ここでは見た目についての「ダサい=カッコ悪っ」だけを取り上げる事としますね。

さて、人はどんな見た目、ファッションの装いに「ダサい」と感じるのでしょうか?

「ダサい」とググると当たり前ですがあるわあるわ。同性目線に異性目線、年代によっても様々・・・。

 

● 色の組み合わせが合ってない。

● 素材が季節感と合ってない。

● 上下の柄ものが合ってない。

● ハイブランド、ブランドだけのコーディネート。ブランド信者。

● 装飾がゴテゴテと多すぎ。

● 服がくたびれすぎてヨレヨレ。

● 汚れている。

● サイズが体型に合ってない。大きすぎ。小さすぎ。

● 過度な露出。

● デザインがヤンキーっぽい。けばけばしい。

 

・・・など、いろんな人のいろんな意見がありますから少数意見を含めたら他にももっとあることでしょう。

これら挙げた「ダサいと感じるポイント」はあらゆる年代層の方が共通して感じることだと思います。

そしてオンタイム・オフタイムとすべてのシチュエーションで当てはまります。

 

例外としては自宅にひとりで誰の目も無い超プライベート時くらいでしょうか?

肌になじみ過ぎたゆるゆるのスウェットとか、パンツ一丁とか?

いわゆる意識高い系の方たちは超プライベート時のスウェットやパンツ一丁もキチンとしてそうですが・・・。

 

 

自分はどう?どうだった?

先述の箇条書きの「ダサいと感じるポイント」で

「汚れている」「服がヨレヨレ」と挙げましたが、皆さんも汚れた服装の彼氏彼女、友達、同僚などと会うのはちょっとイヤじゃないですか?

清潔感が感じられない装いは、たとえどんなに仲が良い人でもちょっとした嫌悪感を抱きます。

「一緒に歩きたくないな・・・」とか、「急用ができたふりして帰ろうかな・・・」とか。

ヒドイですね~。

でもそう思っちゃうんだもん。

 

そんな私も若い頃の美容師アシスタント時代、オシャレが好きで若いなりに生意気にもこだわりがあったりしましたが

「ダサいと感じるポイント」のひとつである清潔感に欠けた恰好をしていました。

美容師アシスタントは常に汚れる作業が多く、ヘアカラーのカラー剤が服に跳ねたり、ブリーチ剤やパーマ液で服の色が抜けたりと、

キレイな状態を保っていることがとても困難です。

服の値段が高い安いに関係なく一度汚れてしっまた服は仕事用として着用を続けるという自分の中でルールができたりしました。

余談ですが、高かった服が汚れてしまった時のショックは計り知れません。泣

 

美容師アシスタントさんなら結構身に覚えのある方いらっしゃると思いますが、どうでしょうか?

汚れが目立たないように黒い服を選びがちになったり(いつも黒い人)、

開き直って汚れた服で通勤しちゃったり(どうせ仕事ですぐに汚れるしと思って)、

ヒドイものです。

お客様目線や、世間の人様目線を完全無視ですよ。

おしゃれや清潔感を売る仕事なのに本末転倒ですよ。

ファッションうんぬん、コーディネートのセンスうんぬんではなくて

「汚れてる=清潔感がない」という点では「ダサいと感じるポイント」に当てはまります。

 

自分は良くても他の人からは嫌がられているかもしれませんので、

自分のことは棚に上げている人たち~、お客様の他、彼氏彼女、友達、同僚などから「汚い~」「不潔~」と思われていますよ。

「ダサいと感じるポイント」ですよ!

 

それと、

古着が悪いとは言いませんが(私も古着好きですし)、古着のコンディションによっては清潔感が感じられないこともあるので注意が必要です。

 

 

なぜ「ダサい」と思うのか?

先ほどは「ダサいと感じるポイント」として服の汚れやヨレヨレ感の「清潔感がない」と言う私の過去の体験を含めて指摘しましたが

次は清潔感以外の見た目のバランスや色の組み合わせで「ダサい」と思ってしまうのはどういう訳か見てみましょう。

ここでもあくまで私個人の体験による見解も交えてます。

 

その1

● 色の組み合わせが合ってない。

● ハイブランド、ブランドだけのコーディネート。ブランド信者。

クリスマスシーズンの銀座で目撃した40代くらいの男性。真っ赤なグッチのモノグラム柄ニットにビビッドなグリーンのパンツの組み合わせが歩くクリスマス。派手×派手が過ぎて目が痛い。全身ハイブランドなのだろうけど残念なコーディネートでした。

 

その2

● 素材が季節感と合ってない。

年末の神田、秋葉原界隈で目撃した20代前半くらいの女性。インナーのペチコートが透けて見えるいわゆるシースルー感のある薄手チュールスカートは明らかに夏素材。ただただ寒そうに見えました。実際寒がっていました。

 

その3

● 上下の柄ものが合ってない。

● 装飾がゴテゴテと多すぎ。

コーディネートを意識し始めの若者にありがち。好きなものだけを着ることによって柄や色が計算されていないという場合と、姿見など全身を映すことのできる鏡がないという場合に起こりがちです。

足し算的にアクセサリーや小物をプラスしていくとゴテゴテとうるさくなります。

 

その4

● サイズが体型に合ってない。大きすぎ。小さすぎ。

流行りのオーバーサイズのコーディネートも、体型隠しのつもりが裏目に出てしまったり。太っている方にありがちですね。

体型に合わせたサイズの服を新調するのをためらい、きついサイズを着続けることによって変なシワが寄ったり、はちきれそうだったり。パンツの上にぽっこりお腹が乗っかっていたり。

 

その5

● 過度な露出。

● デザインがヤンキーっぽい。けばけばしい。

若者にありがち。若者の流行ファッションなのだろうけど露出度の高いファッションは同じ趣味嗜好の人だけの極めて狭いコミュニティー内でしか共有できません。ヤンキーファッションも同様です。完全に大多数の職業のオンタイムには向きません。

特に女性の場合は好きなファッションスタイルだったとしても露出が多いとカッコイイやかわいいではなく、セクシャルな対象と見られてしまう危険性をはらみます。

 

 

どうでしたか?

身に覚えのある事象はありませんでしたか?

オシャレが好きな人も、そうでない人もズバッと当てはまらなくともニアミスしてませんでしたか?

 

結局「ダサい」ってどういうこと?

個人のファッションの趣味嗜好は様々です。

「カジュアル系」「トラッド系」「コンサバ系」「ナチュラル系」「モード系」

「ガーリー系」「ストリート系」「オラオラ系」「ロリータ系」・・・など、

今や一口にファッションと言っても色々と細分化され似て非なる系統がまだまだあります。

 

そんなたくさんの系統と「ダサいと感じるポイント」全部ひっくるめても、

「ダサい」とは「恰好悪い」「野暮ったい」「垢ぬけない」

です。

ウィキペディアのまんま!!

総じて 「ダサい」=「カッコ悪っ」なんです。

そうなんです・・・。最初に言ってます。

 

先ほどまでつらつらと述べさせてもらいましたが

「ダサいと感じるポイント」はあらゆるファッションの趣味嗜好の方たちに共通しています。

そのダサポイントを全部ひっくるめてこれなんです。

それと、

あなたは先述のポイントを挙げた時、思いあたる節がありませんでしたか?

これはファッションに疎い人もファッション好きの人も共通して言えることなのでご注意下さいね。

値段も関係ありません。

安価でもキレイに着こなしてる人もいますし、高価でもちぐはぐで残念な着こなしの人もいます。

 

 

 

 

最後に・・・

ここまで長々とお付き合い頂いて有り難うございます!

今回はこれにて終了ですが、

また別角度から攻めた内容をやりたいと思っているのでお楽しみに~。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください