2019 タイ バンコク旅行 3日目 後編 バンコクのディープエリア、市場巡り。

こんにちは。

パーソナルカラリスト/美容師のmikaです。

タイ旅行3日目、8月30日のつづきです。

どうぞ~。

 

午前中にワットパクナム、アイコンサイアム。

ランチにサヴォイのプーパッポンカリー。

半日だけで充実した内容ですがまだまだこれからも歩きますよ~。

 

王宮周辺 ~ パーククローン市場 ~ パフラット市場 ~ ヤワラート通り・・・と、ひたすら歩きます。

11年前もこのルートを歩きましたが、私はこれらの市場巡りをもう一度したくて再びやってまいりました!

当時興味が無かったモノにも心惹かれる何かがあるのでは?と・・・。

 

王宮周辺のレトロな薬局

王宮はやはり人気の観光地なので大勢の人でにぎわっています。

昔からある感じのアーケード商店街?には間口の狭いおみやげ物屋さんや、商店がずらり。

そこで疑問に思ったのが、なぜか薬局がたくさんあるということ。なぜ?

薬局は新しいドラッグストアとかではなく、ほんとに昔からやって問屋的なたたずまいで取り扱っている商品も昔ながらな感じのパッケージ。

謎のままですが人混みの流れのままに横目で眺めながらゆっくり歩きます。

すると・・・、私のインスピレーションが働きました。

「ここには何かある!」と。大袈裟。

でもありました~!

アーケードの商店の中では大きな薬局。

店先にはおみやげで人気のありそうなお茶、ハーブティー、タイガーバームやらが並んでいます。

 

私が探していたのはこれ。

モンキーバーム。

桃を持ったお猿さんがとってもキュートな軟膏。

 

今まではメジャーなタイガーバームを行く先々で買っていました。

台湾、ベトナム、シンガポール、そしてタイでも・・・。

でもこのモンキーバームの存在を知らずにいたとは・・・。不覚!

早速買いましたとも。

 

お店の奥のガラス棚にはレトロパッケージの商品がたくさん。

もちろん商品としても現役なんでしょうがパッケージデザインが昔から変わらない感じがたまらなく良い。

 

字がまったく読めないので一体何の薬かわからない・・・。

しかし右端の薬、買いました。

店主が英語とジェスチャーで説明してくれたところ胃腸薬のようです。

 

なにこれ!? かわいい~~~っ!!

 

ラベルのデザインにメロメロです。

これも何の液体なのか謎。

瓶は重くなるからと写真だけに留めましたが、やっぱり買っておけば良かった~~っ!

 

この引き出しも趣があって素敵。

チャイナタウンの漢方棚のよう・・・。タイ語がオシャレ。

 

店内の写真を撮るときはそこでちゃんと買い物をして、店主に写真撮影の許可を得てます。

インスタブームによって店内の撮影は昔と比べてだいぶ寛容になりましたが、やはり失礼のないようにマナーやルールを守らなくてはいけないと思っています。

楽しい旅行ですからお互い気持ちの良いやり取りをしましょうね。

 

フォトジェニックなブルーのカフェ

モンキーバームを手に入れ、ホクホクで歩きます。

王宮周辺は外国人観光客がとても多く新しいオシャレなカフェもたくさんあります。

絶対11年前には無かったはず。きっとジュース屋台やコーヒー屋台ならあったと思う・・・?

 

ブルーホエール・マハラート Blue Whale Mahara

ガイドブックにも載っているフォトジェニックなカフェ。

晴れていればテイクアウトで良かったのだけど、だらだらと小雨が降り続くので店内で休憩。

40分くらい並んだかな?

日本だったら行列が苦手な私は並ばないんだけど、外国は話が別。次はいつ来れるかわからないから。

 

色々なドリンクがあるけど『アイスバタフライピーラテ』一択。それとスイーツ。

 

キャラメリゼバナナケーキ。

主人とシェア。カラメルのほろ苦とバナナのパウンドケーキとバニラアイスクリーム、美味しい。

甘さもちょうどいい。

 

アイスバタフライピーラテ。

マメ科の花の色素だけでこんなにキレイな濃いブルーに・・・。

トッピングの青いお花がバタフライピーの花。アントシアニン豊富で美肌効果があるとか。

味、香りも豆のような感じ。ミルクと混ざるとちょっと豆乳のようなお味?

これも甘くないので安心して飲めます。激甘の飲み物しかなっかたタイもずいぶん変わったなぁ。

 

多分に漏れず私も写真を撮ってインスタにあげますが、ここでとてもがっかりしたことが・・・。

日本国内でも問題になっていますが写真を撮るだけ撮って、飲み切らない、食べ切らない・・・。

ケーキやドリンクを半分以上も残して去る人を何人も見ました。これはひどい。

食いしん坊の我々には何を考えてこんなに残すのか訳が分かりません。悲しいし、怒りすら感じます。

そんなに不味かった?それとも飽食ボケか?

楽しい旅行の楽しいカフェタイムのはずが残念な気持ちに・・・。涙

お店のせいではないので気分を持ち直してまた歩きます。小言を挟んでごめんなさい。

 

雨の市場巡り。パーククローン市場~パフラット市場~チャイナタウン。

いよいよ市場巡りです。

小雨だったのが本降りに・・・。雨期なので覚悟はしていましたがスコールではなく日本の梅雨のような降り方。

 

パーククローン市場 Pak Khlong Talat

24時間の花市場。

お花だけでなく野菜や果物も売ってたりします。

おじさん、いい傘かぶってますね~。

 

お留守番中の看板ネコちゃんがうとうと・・・。なごみます。

 

たくさんのバラ。鮮やかでキレイ!

とにかく安く買えるらしいのですが、さすがに花束を抱えて歩くのは憚られる・・・。

 

お供え用のお花ですね。

さっきのおじさんが運んでいたような大きなカゴには山盛りの花が。

傘をさしながらだったので充分な写真があまり撮れず・・・。根性が足りませんね。

たくさんのお花たちを目に焼き付けて歩きます。

 

市場を抜けました。

古い長屋のような建物が雨によってより哀愁を感じさせます

 

次はインド人街リトルインディアのパフラット市場とサンペン・レーンを目指します。

建物と、大丈夫かな?ってくらいの大量の電線。この感じは変わってないなあ。

 

パフラット市場とサンペン・レーン

バンコクのリトルインディアで、アーケードになっています。

色鮮やかな衣装や生地、アクセサリーのお店が並んでいます。

大通り沿いのアーケードもとても狭く、すれ違うのがやっとなので写真があまり撮れなかったのですが

ありがたいことに主人が私込みの写真を撮っていてくれました。サンキュー。

 

たぶんサンペンレーンの入口辺りかな?

薄暗い天気が手伝ってかディープゾーンが更にディープな感じに。

ひるまず進みますよ~。

タイ語と中国語の混ざった看板、なんか好きです。

 

せまい通りの両サイドには布、手芸用品や雑貨などの店がずら~~~っと続きます。

11年前にここを歩いた時は週末だった為、人があふれ過ぎて前に進まないくらいだったので今回はスイスイ~。

やはり市場は平日に限りますな。

 

ヤワラート通り、チャイナタウン

リトルインディアを抜けるとすぐチャイナタウンです。

「金行」の看板がずら~~~っと。

金行とはゴールドショップのことです。

 

サンペンレーンとヤワラート通りの境辺りにキッチン雑貨のお店を発見!

「サパーンハンクルアンクルア」という合羽橋道具街にあるようなキッチン雑貨、食器のお店。

ステキなホーロー製品もたくさんあって迷います・・・。

この子を我が家に連れて帰ることにします。

直径30cmほどのホーローのトレイ。

運命の出会いに舞あっがてしまったせいかルンルンで購入したものの・・・店内の写真を撮り忘れるという大失態・・・。大泣き。

 

マーケットがたくさん。開店準備を始める屋台も続々。

 

フルーツ屋台が特に目立ちました。

美味しそう・・・。

 

ワット・トライミットもご無沙汰しております。

今回は割愛して横を通るだけ。通る際に手を合わせている人も・・・。信仰の厚さはさすがタイ。

 

MRTファランポーン駅をこの日のゴールに定めひたすら歩きました。

実は今回王宮周辺からずっと歩いたルートは2019年我々の訪タイの時点でMRT線が延伸しており、観光がグッと楽になっています。

例えば、

●王宮、ワット・ポー、パーククローン市場の最寄りは「サナーム・チャイ駅」

●パフラット市場、サンペンレーン(リトルインディア)の最寄りは「サムヨット駅」

●チャイナタウンの最寄りは「ワット・マンコン駅」

各エリア毎に新しい駅ができて益々便利になりました。観光客も増えるでしょうね~。

 

11年ぶりにほぼ同じルートを歩いてみた感想は・・・、

変化の激しいバンコクですが、変わらない市場の風景に安心しました。

また同じ地に戻ってこれたという安堵の気持ちなんでしょうかねぇ?

日本と違って地震がないので古い建物をがらりと変えてしまわずに、新しいものと上手く融合して欲しいと思いました。

 

お楽しみの夕食、「イムちゃん」へ。

たくさん歩いて買い物をした後は荷物をホテルに置いて、夕食を食べに再び出かけますよ~!

ホテルのあるBTSアソーク駅からわずか1駅のプロンポン。

腹ペコ夫婦が本領発揮で食べまくります!

 

プロンポン駅からすぐそばの「イムちゃん」。

大衆食堂のような和むお店です。

そしてプロンポン、トンローの辺りは住んでいる日本人が多いからか看板もメニューも日本語表記!タイではめずらしいかも。

疲労している時はあまり頭が回らないから日本語は本当にホッとしますね~。

そんな安心感からか在駐日本人や日本人観光客が集います。

 

空心菜炒め。タイに来ると必ず食べています。美味しい。

 

ナスとホーリーバジル炒め。

美味しくてパクパク食べちゃいます。

 

タイのインスタント麺、Mamaマーマーの海鮮炒め。

辛口の一品。具だくさんですがおつまみ感覚でビールと合います!

 

あひる肉の激辛炒め。

多少の辛さは平気な我々ですが、今回の旅行中でいちばん辛い一品でした!!

お肉を口に入れるとマイルドな油と甘みを感じたと思った瞬間・・・激しい痛みとしびれがものすごい勢いで襲ってきます!!

「忘れていたよ・・・。タイってこんなだった・・・。」

頭の毛穴が一気に開いて汗がドーーーーーーっと吹き出します。

タイなめんなよ、と言わんばかりの洗礼を受け改めて身を引き締めて挑みます。

「おいし~~い!」と「辛っっっ!」を繰り返しながらしっかり完食~。

 

〆のパッタイ。ちょっと幅広の麺に味が絡んで美味しい~。

 

オムレツ?卵焼きのせごはん。

こちらもホッとする定番の一品。美味しい~。

 

初めて来ましたが、こちらのお店、メニューがなんと150種類もあるそうで何を食べようか選ぶのにたいへん迷います。

ですが、選んだメニューに失敗もなく美味しくいただきました~。

たぶんお店の人によく食べる奴らだな~、と思われたかも?

 

満腹になってホテルへと帰り、次の日に備えることに。

最終的にこの日は14㎞歩いていました。サロンパスサロンパス・・・。

 

 

4日目につづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください