2019 タイ バンコク旅行 2日目 前編 タイ屈指の寺院ワットソートンへ!

こんにちは。

パーソナルカラリスト/美容師のmikaです。

11年ぶりのタイ旅行、何が待ち受けているのか!?

2日目の様子をどうぞ~。

 

タイ バンコク 2日目 タイ屈指の巨大寺院 ワットソートン

8月29日

朝、5時起き。

この日は事前に日本から申し込んでおいたVELTRAのツアーに参加です。

7時にガイドさんが迎えに来るので支度を早めに済ませホテルの朝食をのんびり頂きながら待つことに。

 

ホテル内で朝食をとるところは2か所。

ロビーのある階、そして1Fにある高級創作タイ料理レストランの「バジル」で頂くことが出来ます。

この「バジル」ディナーのレストランとして有名であります。

私たちはロビー階ではなく「バジル」へ。どうやら我々が一番乗りのよう。

朝食はどちらで食べても同じメニューのビュッフェスタイルです。

 

意外?とインド料理が多かったような。

卵料理、麺料理はカウンターでお願いして作ってもらいます。

 

さて、しっかりと朝食をとって出発です。レッツラゴー。

私たちの申し込んだVELTRAベルトラの現地ツアーは

【貸切】バンコクフォトジェニックツアー 巨大ピンクのガネーシャ+ワットソートン+バンパコン川の遊覧

で、貸し切りなのでリッチなマイクロバスも席をもてあましながら楽々です♪

ホテルのあるバンコク市街地からチャチュンサオ県へ車で1時間半の旅。

ガイドのおじさんがとても気さくな方で道中も楽しく過ごせました~。

先ずはワット・ソートンWat Sothonへ。

ワット・ソートン Wat Sothon

とにかく巨大な白亜の寺院。

タイ国内で3番目に参拝客が多いとガイドさんが言ってましたが、ネット上では参拝客が2番目に多いという情報がほとんど。どっちにしても参拝者が多いことには変わらないですね。

平日の午前中ということもあってか空いてましたが、週末はたくさんの人が参拝に訪れるそうです。

混んでる方が臨場感があるのでしょうが、空いている方がサクサク活動ができるのでいいかもしれません。

この寺院、参拝者がほぼ地元タイ国民なので観光地ではありません。ここを観光のコースに入れているのはVELTRAだけらしいです。

薄曇りだったので真っ白感が弱いですが白と金のとても美しい寺院です。ぜひ地元の方に混じって参拝してされてみては?

 

違和感を感じたのは、タイの寺院と言えば赤い屋根に緑と黄色の縁どりラインに対して真っ白であるということ。

↑ ↑ だいたいこんなイメージなんですよね。タイの寺院って。

 

想像以上に大きいお寺です。

ガイドさんについて行き入口でサンダルをぬいで本堂へ・・・。

金色の仏様が大勢いらっしゃいます。

ガイドさんに勧められ一緒にお参り。

 

仏様の頭上はとても高い吹き抜けで天井画は宇宙。

 

本堂はとても広く、大理石の床には様々な画が・・・。

ここのお寺の成り立ちを絵物語で表しているそうです。

 

本堂のある本殿の外に出て歩いて移動します。

お寺が大きい上に敷地がとにかく広いのでトイレに行きたくなったら結構歩かないといけません。汗

本殿から少し歩くとお祈りをする建物が。

まだ朝の9時前ですがたくさんの地元の方たちがお祈りしています。

 

願い事が叶ったらお礼参りに卵を奉納します。

そしてその卵の量がすごい!コストコで売っている20個入りのケース4つ分くらい・・・。

 

ガイドさんがお祈りの際に使用する金箔を手配してくださいました。

ふたつ折りの小さな紙の間には1cm四方ほどの金箔がはさんであります。 1人2枚。

 

奥の部屋にはたくさんの仏様が。

まず自分の生まれた曜日の仏様を探して金箔を1枚貼ってから合掌して願い事をお祈りします。

私は日曜日生まれで、体の前に手を上品においている仏様。

 

主人は火曜日生まれで、涅槃像。これは探しやすい。

 

残りの1枚の金箔はこの部屋の奥に鎮座している仏様に貼り、再びお祈り。

願い事が叶ったら大量の卵を持ってきますね。

 

お供えの花は生花です。とてもキレイ。

 

このお祈りの建物も広くてとてもきれいだなぁと思っていたら、3週間前に古い建物からこちらに引っ越したばかりでした。

老朽化に伴いってやつですかね?

古い建物も見てきましたが扉で閉ざされていて、隙間から内側を覗いても全部引っ越しているのでがらんどうでした。

それでも扉の前にはろうそくやお花などお供え物がちらほらありました。

 

 

お次はついにフォトジェニックスポットで有名なピンクガネーシャです!

後編につづく。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください