かわいい缶 ③ カファレルキャンディ缶 ラッテメンタ。

こんにちは。

パーソナルカラリスト/美容師のMIKAです。

新緑の季節ですね。

お天気の良い休日はどこか緑のたくさんある

公園や草原へ出かけて思いっきり深呼吸したくなります。

気ままに外出もままならない今日この頃ではありますが

おうちに居ながらにして草原の気分をちょっとでも感じることのできる逸品をご紹介です。

 

かわいい缶③ カファレルキャンディ缶 ラッテメンタ。

カファレルのキャンディ缶は今回で2回目の紹介です。

よろしかったらコチラもどうぞ~。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

かわいい缶② カファレルキャンディ缶 ビオラ。

かわいい缶 ① アンブロッソリー キャンディ デイジー缶。

 

カファレルCaffarel

1826年にイタリアはトリノで創業のチョコレート専門店です。

チョコレート以外にキャンディや焼き菓子などもあり、

何と言ってもカファレルと言えば

可愛らしい缶パッケージでしょう。

缶コレクターなら絶対に持っているはずです。(ホントか?)

少なくとも私は持っています。(威張ってどうする?)

このくだり前回と同じです。汗

 

ちょっと初夏を感じさせる優しくも爽やかなミントグリーンの缶には

ブルーサルビアの花でしょうか?

牛さんの周りには蝶々がヒラヒラ飛んでいます。

かわいいですね。

こちらも肝心な中身のキャンディの写真ありません。泣

包み紙にも牛さんの絵があったと記憶しております。

ご興味のある方は是非とも現物を入手のうえ確認してみて下さいね。

 

「アルプスの少女ハイジ」を彷彿させられます。

後ろにヤギのユキちゃんが見えてきそうな。

妄想甚だしいでしょうかね?

 

白色を多く含んだようなペパーミントグリーンは

ミルクとミントのキャンディの味さえイメージできそうです。

この缶も以前に紹介した “デイジー缶” と同じサイズなので

キャンディを食べ終わったら

かわいい缶はちょっとした小物入れに再利用いかがでしょうか?

新緑の季節、初夏にインテリアの一部として飾ると

おうち時間もちょっとした季節の移り変わりを楽しめますよ。

インテリア全体をガラリと変えるには労力が必要ですが

ちょっとした小物、しかもお菓子の空き缶やパッケージで

わずかな季節の変化を色や柄で表現できるのはお手軽ですよね。

小ぶりなサイズの缶なので

私はもっぱら玄関やトイレのちょっとした棚の飾っております。

 

晴れた日の草原と爽やかな風をも感じさせるようなパッケージ。

ちょっと久しぶりに

かわいい缶の紹介でした~。

さて、次はどんなかわいい缶を載せようかしら?

こうご期待です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください