チョコレートでしあわせになる!味とパッケージに魅了される!バレンタインですよ。

こんにちは。

パーソナルカラリスト/美容師のMIKAです。

お正月も終わり

次に来る冬のイベントと言えば?

そう

バレンタインデーですね。

「愛の告白の日」です。

お菓子メーカーの商業戦略にまんまとハマってン十年、

(言い方・・・汗)

「チョコレートで愛の告白」の習慣は令和の今も受け継がれています。

告白するも良し、

家族への感謝を伝えるも良し、

友達にあげるも良し、

自分へのご褒美も良し。

 

チョコレートってお菓子の定番で

季節を問わず通年スーパーやコンビニで売っていますよね?

だけどこのバレンタインの時期になると

普段お目にかからない特別仕様のスペシャルな

国内外のチョコレートがジャンジャン出てきます。

私は誰にあげるというワケでもなく

あ、旦那さんにあげますけど、

デパートの催事場で行われるバレンタインイベントで

物色しまくり、厳選し、

そしてチョコレートの味と

パッケージデザインを存分に堪能します。

めちゃくちゃ癒されてしあわせな気分になります。

 

チョコレートでしあわせになります!

味わってしあわせ。

パッケージに魅了されてしあわせ。

皆さんはどうですか?

 

前置き長くなりましたが

チョコレートは食べ物なのだから味はもちろんですが

チョコレートの味を想像させ

美味しそうに演出する

パッケージの色やデザインの関係を

あくまでワタクシの個人目線であげさせてもらいます。

独りよがりかもしれませんがお付き合いいただけたら幸いです。

 

チョコレートの色。茶色だけにあらず。

チョコレートの色といえば

真っ先に思い浮かぶのは「茶色」ですよね。

ここ数年ファッションでも雑貨でも人気の

茶色、ブラウン、チョコレートカラーと

呼び方もいろいろ。

 

ミルクティーやカフェオレのような

白み多めのベージュに近いようなソフトなブラウンから

王道のミルクチョコレートのような

ほんのり赤みブラウン、

ブラックコーヒーやビターチョコレートのような

キリッとダークなブラウンと

ひと口にブラウンと言っても

とても幅広いブラウンがあります。

チョコレートの色というと

濃淡の差はあれ思い浮かべる色は

茶色、ブラウンである人がほとんどではないでしょうか?

 

だ・け・ど

チョコレートの味が変われば色も変わります。

濃厚クリーミーなホワイトチョコレート。

日本発祥であろうほろ苦と甘さの緑色した抹茶チョコレート。

最近では

ルビーカカオというカカオ自体がピンク色のため

着色料なしでキレイなピンク色のルビーチョコレート。

そして

なんと!青いチョコレートまで登場!

青色は食欲を減退させる色のはずなのに!?

もちろんお味も美味しいでしょうけど。

原材料が東南アジアでは定番の

「バタフライピー」 というマメ科の

植物でイソフラボンが豊富な花の色素なので

身体には心配ないですよ。

時代は変わりましたね~。

青いチョコレートとは。

見た目も涼やかで大人の落ち着きを感じられます。

 

 

パッケージデザインがブランドイメージや味、ワクワク感と想像を拡げる。

皆さんのチョコレートを選ぶ時の基準はなんですか?

「美味しいから」

「美味しそうだから」

「量が多いから」

「好きなブランド、メーカーの商品だから」

「パッケージが可愛いから」

「イケメンショコラティエだから」

とか?

他にもあるかもしれませんね。

人それぞれです。

 

日常のおやつとして買う

スーパーやコンビニに並ぶチョコレートの

馴染みの味や安心感、安定感はとてもホッとします。

ところが

バレンタイン商品となると

ちょいと変わります。

ちょいと?ガラリと。

パッケージデザインもいつもの馴染みのある物から

この時期だけは特別感のある物へ。

 

 

例えば

●「愛の告白の日」にちなんで

パッケージがハート型だったり、ハートの柄を使用し

配色も赤やピンクで情熱や愛情、可愛らしさを表現。

 

● 素材、味を想像させるパッケージの色使い。

いちご味なら赤やピンク色、抹茶味なら緑色、ホワイトチョコレートなら白色など。

 

● ブランドの歴史やイメージを感じさせるデザイン。

上品で優雅なパッケージデザインや、

重厚感、高級感を感じさせる黒色などダークな色使いのパッケージ。

文字に金色を使うなど。

 

● その時代の流行を取り入れた人気キャラクターや、

定番の人気キャラクターがデザインされたパッケージ。

カラフルでポップ、軽快さを表現。

 

etc・・・。

チョコレートをあげる人を想い

その人の好みや趣味に合いそうな商品を選んだり、

自分のイメージを商品のデザインに重ねたり。

または

自分へのご褒美として普段では買わない

有名ショコラティエの

高級チョコレートを楽しんだり、

お酒のお供になる大人の楽しみ方をしたり、

好みのパッケージデザインを選び

食べた後も箱などパッケージを愛で

再利用したり・・・。

↑ ↑ ↑ ↑

私は完全にこのタイプ。もちろんしっかり味わいますとも。

 

手作り派です!っていう方、

ミルクチョコレートにするか、ビターにするか

はたまた話題のピンク色したルビーチョコレートにするか?

どんな形でどんなデコレーションにしようか?

どんな色でどんなラッピングのアレンジをしようか?

・・・と

「あなたオリジナル」を創作するのも先述しました例が多く含まれます。

頑張って愛情をたっぷり注入して下さいね~♡

 

意中の人を想って選ぶも

自分へのご褒美として選ぶも

好きなブランドを選ぶにしても

チョコレートを厳選している時は

味を想像してワクワク、

ステキなパッケージを手に入れてワクワク、

作ってワクワク、

諸々の妄想を膨らませてワクワクしませんか?

とても気持ちが高揚します。

 

皆さんは

今年のバレンタインは

どんなチョコレートにしますか?

しあわせなバレンタインデーとなりますように。

 

長々と連ねましたが

最後まで読んで頂きありがとうございました。汗

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください