ピンク色のイメージと心理効果

こんにちは。

パーソナルカラリスト/美容師のMIKAです。

2月も大詰め。もうすぐ春ですね~。

春と言えば?

いろいろ想像できると思いますが、春と言えば、日本人なら「桜」「梅」「桃」ではないでしょうか?

少々一方的ではありますが、今回は桜や梅、桃の花の色、

ピンク。

はい。ピンク色です~。

 

ピンク色のイメージと心理効果

桃色。最近あまり言いませんね・・・。

「ピンク色」て言ったほうが馴染みがありますね。

「ピンク色」で皆さんは何を想像しますか?

冒頭でもさっさと「桜・梅・桃」と言ってしまいましたが、

四季の変化がしっかりとある日本はこれらの春に咲く花の色からピンク色は春の色のイメージがあります。

それこそ「桜色」や「桃色」って聞くだけで自然と春の風景を思い浮かべますよね?

 

ピンク色のイメージ

愛情 ・ 幸福 ・ 優しい ・ 安らぎ ・ 柔らかい ・ 甘い ・ 女性的 ・ 春 ・ 幼い ・ 可愛らしい ・ 無邪気 ・ 恋 ・ 美容

赤色に白色を加えることで「赤色」のイメージと重複するところもありますが、イメージに変化が出てきます。

愛情や親しみを感じさせることもあり、プレゼントのリボンなど包装に使われたりします。

美や若さ、女性らしさの象徴でもあり、事実女性ホルモンが活発になるという事で、確かに女性の化粧品のパッケージや美容グッズなどピンク色が多用されています。

気持ちを和らげ興奮や攻撃的な感情を抑えるため、アメリカなど海外の刑務所の壁や部屋をピンク色にしているところも。

ポジティブな例として、優しさや柔らかさ、親しみやすさを感じる。緊張を和らげる。

ネガティブな例として、幼さや弱さを感じる。←世の男性はこの部分に騙され・・いや、惹かれるのかもしれませんね。

 

ピンク色のイメージはピンク色を好きな人の性格にも当てはまります。

女性らしい・ 繊細 ・ 優しい・甘え上手・ロマンチスト・思いやりがある・ 裕福で教養がある ・ 特別視されたい・・・など

「女性らしい」「優しい」「思いやりがある」など、

婚活やパーティーなど虎視眈々と意中の男性を狙う強かな女性の皆さん(ヒドイ言い方・・・)

良い性格のイメージを補いたい時はピンク色のアイテムを身に付けたり、持ち歩くことをおすすめします☆

 

同じ女性でもピンク色を好まない方たちもいらっしゃいます。

例えば、「カッコよくしたいから」や「媚びてる感じがするから」や「姫系な感じがするから」など、

ピンク色のフワフワした女性丸出し感を苦手とする方たち・・・、

無理強いはもちろんしませんがピンク色も様々で、甘~~~い物ばかりではありません。

大人っぽいカッコいいピンクもたくさんあります!

ファッションに取り入れなくても、バッグで持ち歩くポーチや手帳やペンなど文房具など小さなアイテムで取り入れると、

目にすることで緊張が緩和されたり、気持ちが落ち着けることができますよ。

 

 

 ピンク色もいろいろあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIKA(@beautiful_summer_1kw)がシェアした投稿

↑ ↑ ↑ ↑

1897年(明治30年)からの資生堂の超ロングセラー商品です。

レトロでロマンチックなロゴデザインももちろんですが、何と言っても中の化粧液のピンク色が乙女心をくすぐります!

「女性的」「柔らかい」「甘い」「ロマンチック」「美容」など、

先ほどのピンク色のイメージワードがふんだんに感じられますね。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIKA(@beautiful_summer_1kw)がシェアした投稿

↑ ↑ ↑ ↑

タイの石鹸のパッケージです。

前の化粧品より更に「甘い」「柔らかい」を感じる淡いベビーピンクは

赤ちゃんの肌にも優しそうな雰囲気が醸し出されますね。

 

 

ピンク色をシーズン別にすると・・・

ロマンチックで女子力が上がりそうな透明ピンクに

優しく柔らかな赤ちゃんの肌を感じさせるような淡いベビーピンクと

ピンク色もいろいろありますね。

そんなピンク色をパーソナルカラーのシーズン別にしてみますよ。

 

  パステルサマーのピンク

左から、モーブ・オーキッド・ローズピンク・パステルピンク・パウダーピンク。

サマーの色の特徴として薄~~~く白やグレーのベールを纏った様な涼やかであり優しい色合い。

左側のふたつはパープルの類になりますがローズやピンクを感じさせます。

 

 ブライトスプリングのピンク

左から、クリアブライトウォームピンク・コーラルピンク・ウォームパステルピンク・クリアサーモン

ピンク色でもピーチやオレンジを含んだような、それでいて濁りの無い明るさが特徴です。

昨年2019年のトレンドカラーでもあったコーラルピンクはスプリングさんにドンピシャ(古い・・・)です。

 

ブリリアントウィンターのピンク

左から、フクシャ・マゼンタ・ディープホットピンク・ショッキングピンク。

ビビッドで華やか、シャープでハードなくすみや濁りの無いパキッとした色で

ちょっと躊躇しそうな鮮やかさですがウィンターさんならモノトーンと合わせて使いこなせます。

 

ディープオータムのピンク

残念ながらオータムさんのピンクは非常に幅が狭いです。泣

これら、ディープピーチ・サーモンもいささかピンクと言いづらい色ではありますが・・・。

橙色が多く含まれている感じです。

たまたまかもしれませんが、私の身近のオータムさんは「ピンク色は苦手・・・。」とおっしゃる方が多いです。

もちろん100%では無いですが、嗜好色からもシーズンカラーの参考になるのだなあと思ったのでした。

 

 

 

これらのピンク色はパーソナルカラー診断の際使用するカラードレープですが、

色彩に区切りは無いので名前のないたくさんのピンク色が存在しています。

ピンクのアイテムを取り入れたい時はご自身のシーズンカラーに合ったピンク色を選ぶと良いですよ!

使用する面積が広いアイテムほどベストなピンク色を選んでくださいね☆

 

ピンク色はリップカラーやアイカラーでよく使われる色なので、注意点としては

サマー・ウィンターさんはローズを感じるような青みピンクを。

スプリング・オータムさんはピーチやオレンジを感じるようなコーラルピンクを選んで下さい。

ざっくりですがイエローベースとブルーベースで特徴を知っていると色選びに悩む時間が短縮されますし、失敗も防げますよ。

合わないカラーのメイクは顔に直接悪影響が出るのでご用心~。

 

 

 

新型コロナウイルスで国内外で何かと心配が煽られている今日この頃ですが、

一刻も早く終息することを願っています。

何かと制限がある生活になりますが、皆さまどうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください