パーソナルシーズンカラー ウィンター

こんにちは。

今回はパーソナルシーズンカラーはウィンターを案内しますね。

winter ウィンター   ブルーベース

■色の特徴

冬の景色の雪のようにキリッとまぶしいホワイト、冬空のようなグレー、ブラック。

鮮やかなビビッドな色。

ホワイトに一滴だけ色を落としたような透明感のあるアイシーカラー。

残念ながらオレンジは無しです。イエローもバリエーションが少ないので見極めが必要です。

シャープでクールなイメージがあります。

 

■人の特徴

肌色が非常に白いか、少し黒めの褐色を感じるタイプかどちらかに分かれます。

頬はローズやバーガンディの青みのピンクが見られる人と、色味が感じられない人とがいます。

唇も赤みがあります。

瞳が黒や、黒に近いダークブラウン、白目が青白くコントラストを強く感じるため目が印象的です。

髪はいわゆる黒髪で茶色感がなく艶やかです。

 

■ファッション、メイク

鮮やかな色や、無彩色系統の色が似合います。(無彩色とは色を感じない白、グレー、黒のこと)

白は雪のようにまぶしい純白、

グレーは明るいライトグレーから暗いダークグレー、

鮮やかなレモンイエロー、ショッキングピンク、赤紫、青紫、

青みのグリーン、鮮やかなブルー、

鮮やかとは真逆に、ホワイトにかすかに色を感じるくらいのアイシーカラーも似合います。

モダンでシャープな印象があるのでコントラストのある配色で華やかな装いが似合います。

残念ながら黄みのあるブラウンやオレンジは該当しません。

 

■アクセサリー、小物

シルバーやプラチナなど、華やかでデザイン性のある、

光が強くキラキラと輝く大ぶりのアクセサリーが似合います。

バッグや靴はシンプルかつシャープなデザインのものが良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クールでシャープな印象のウィンターさん、かっこよくて憧れます。

みなさん黒は定番カラーとお思いでしょうが・・・

じつは真っ黒ブラックが似合うのはウィンターさんだけなのです。

さらにじつはウィンターのタイプの人・・・

少ないんです。

血液型で例えたらAB型です。

 

憧れられるウィンターさんでも、

「派手色が似合うといわれても抵抗あるし・・・」

「柔らかな暖かみのある色を着たい!」って方もいますよね?

そんな方たちも諦めないでください!

得意なピンクが豊富にあるので、明るく柔らかなピンクを選んだり、

似合わないとされる色はバッグ、小物、靴、ボトムス(面積狭めの柄など)で

顔色に直接影響のない、離れたところに用いて下さい。

 

このテクニック、ほかのシーズンカラーの方たちも使えるのです!

似合わないとされる色は顔から離れたところに面積を小さく用いて下さい。

 

これまでひと通り4種類のシーズンカラーをご案内しましたが

これからもそれぞれのシーズンカラーのもっと細かい部分に触れていこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください